スポンサーサイト

2014.11.18 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【曲解説6】VSCOM(PV曲) / リリースパーティ

    2014.11.18 Tuesday

    0
      諸々バタバタしていましたが、
      無事に2nd Album"idea pattern"をリリースすることができました。

      明日リリースパーティです!!!
      11/19(Wed)@下北沢Shelter
      the mornings “idea pattern” release party
      19:30 OPEN / 20:00 START
      ADV:2000yen / DOOR:2500yen(+1D)
      ACT
      ゲスバンド / bronbaba / the mornings

      themngs@gmail.com まで予約まだまだ受け付けてます!



      "idea pattern"はthe morningsの11年の集大成的なアルバムとして、
      録音は赤い公園など手がけた濱本洋平さん、
      一部ボーカル録音はシャムキャッツなど手がけた馬場友美さん、
      日本のベースミュージックの重鎮GOTH-TRADさんの完全にヤバいミックスで、
      マスタリングは中村宗一郎さんという音的にすごい感じになっています。

      さらにコラージュ作家 大野彩芽さんによるジャケットのアートワークは
      特殊すぎる仕様になっていて、モノとして気に入っていただけると思います。

      特殊すぎて、組み立てを業者に頼むとヒョエ〜な価格なので、
      自分たちで組み立てています。
      1時間に10枚しか作れないので絶望しています。

      とにかく自信作になったので、ぜひ手にとって聴いてみてください。
      感想も訊きたいです。twitterやブログなどで宣伝してくれていいんですよ?


      オシャレなアー写は小林志翔くんです。

      インタビューもチェックしてみてください。
      ・みんなの戦艦 公式Tumbler(2014.10.28)
      キシノジュンヤ メールインタビュー
      ・ナタリー(2014.11.04)
      the mornings×GOTH-TRAD対談
      ・OTOTOY(2014.11.04)
      キシノジュンヤ、ワタナベシンペイインタビュー
      Call and Response イアンによるレビュー


      あと新グッズもあるよ!
      http://themornings.thebase.in/



      さて、今回はリリースできたので曲解説をゆるゆる再開したいと思います。
      レコーディング前日にメロディが決まったのにいつのまにかアルバムのリードトラックになっていた
      VSCOMという曲について書きます。


      こちらのPVは今回一連のアートディレクションしていただいた大野さんと
      ALTのメンバーとしても活躍する代田栄介くんのユニット"shirome"が作ってくれました。
      観念的なMVでかっこいい



      この曲を作りはじめたのは2013年のたぶん7月くらいで、
      初めてライブでやったのは12月の静岡でのライブでした。
      その後ラリーさんがいなくなり溝渕さんとの修行期間を経て、
      歌のレコーディング前日にアレンジかたまったので足掛け一年で完成した曲です。


      始まりは結構しょうもないんだけど、
      2013年5月から一旦ライブ休んで、アルバムの曲作りと修行しようという時に
      ポンタとラリーさんがDJとか別のバンド始めたりしたので、怒りで作りました。

      シンセ(イントロから鳴ってるやつ)と
      ベース(ずっと8分で細かく動く、途中表裏で拍ずらしたり)を
      結構練習しないとできないくらいのフレーズにしてやろうという
      性格がよろしくない感じで作りはじめました。
      (結局シンセは難しかったのでサンプラーでやることになって、
      一番しんどいのドラムになったので恵加が僕に怒ってた。)
      拍は8分の11で、変な拍で普通に聴こえる曲にできるか、というチャレンジでした。


      最初のアイデアとしては、シンセとベースのミニマルな修行フレーズを延々と繰り返して、
      ギターで色んなテンションを付けて万華鏡っぽい感じの曲にしようと思いました。
      コードが変わるたびに違う絵が見えるみたいな感じになればと思って、
      ギターのアルペジオはスタジオの度に毎回変えて色々試してました。
      残ってるテイクだけでも20くらいの組み合わせがあった。。。
      結局全部決まったのはレコーディング前日でした。
      ギターは全編ワーミーの5度上を重ねています。

      1:10〜1:25のフレーズは難しすぎて、みんなを不快にさせました。


      元フレーズはベースが1小節目と2小節目で表裏が変わってて、
      ギターも拍ズレ、ドラムもハイハットのオープンクローズがややこしいなどで
      まったく正解がわからずバンドの仲を壊しかけました(脱退しました)。

      溝渕さん体制後、溝渕さんが裏にする必要ないんじゃないの、
      というシンプルな疑問を投げかけたことで、裏にする必要がないということになりました。
      合ってることが実感できる感じになったので良かったです。
      ここがバシッと決まると気持ちいいです。


      2:25からのギターの刻みは、全編ミニマルなフレーズだと頭が狂いそうになったので
      今までほぼ使わなかったパワーコードでメタルみたいなリフを作りました。

      ミニマルがテーマの曲と決めていたので合わない気がしましたが、
      最後に無理矢理そのリフを使うことにして、それに向けてドラマチックにアルペジオを盛り上げていく、
      みたいな感じで全体の万華鏡感を構成していきました。
      2:26~2:42のベースラインは僕はうまくハメられなかったのでみぞぶ〜が完璧に考えてくれました。
      それでさらに最後の2:42以降に上記1:10〜1:25のベースとドラムを合わせるなどしたら
      カタルシスがやばいことになったので良かったです。


      歌はめちゃ難航し、これでも超ケンカしたりしました。

      最初とりあえず僕がコードに合わせてメロ付けて、
      僕と恵加のコーラス部(1:25~1:52、2:25〜)はできたけど、
      それ以外の前半ポンタが歌うところがエモくなりすぎました。

      エモさを減らしてポンタンのエフェクト技を駆使して
      抽象的かつ音程をハマってる感じにしようという方向性で
      ポンタと色々試行錯誤しました。

      演奏録り終わったときでも歌できてないけど歌録りまでリハも入れない、
      という感じだったので、ポンタとデータで何案もやり取りして、
      レコーディング前日に納得がいくのがまとまって
       & ポンタは当日ぶっつけで歌 & エフェクト処理しました。


      録音後、完成形聴いたらいつのまにかリードトラックになっていたので頑張って良かったです。
      こんなめんどくさい曲しばらく作りたくないです。

      おしまい


      リリースパーティきてね!

      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

      the mornings
       
      vo,syn/ワタナベシンペイ @the_ponx
      gt,vo/キシノジュンヤ @usamigeboku
      dr,vo/けものけいか @kemonokeika
       
      (HP) http://themornings.biz/
      (twitter) @the_mornings
      (facebook) https://www.facebook.com/themngs
      (e-mail) themngs@gmail.com

      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

      スポンサーサイト

      2014.11.18 Tuesday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL