スポンサーサイト

2014.11.18 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【曲解説5】ケチャンゲリオン(新曲アップ)

    2014.02.16 Sunday

    0
      じゅんやです。


      企画は今週金曜です。予約はthemngs@gmail.comまで


      今日は曲紹介します。
      そのために新曲をアップしました。

      ケチャンゲリオンという曲です




      最近ライブ見ていただいた方からは、
      あの曲いいよねって言ってもらえることが結構ある曲です。



      この曲は確か「お腹の痛い敵」って曲を作った後にできたと思います
      前の仕事のときだがら、 多分2012年末から2013年明けにかけてかな??
      「お腹の痛い敵」が拍とかメンドくてしんどい曲だったので、
      直感的に聴こえる曲がやりたい、しんどいのやだ、
      と思って作り始めました。

      当時の仕事がただでさえ激務過ぎる中でも特にしんどい時期だったので
      常に頭がパンク状態で全然ネタが思い浮かばんかった時期でした。
      頑張って集中したら頭の中でブーって一音だけ鳴るけど
      次の音が全然出てこなかった。

      ので、めんどくさくなりブーって音だけでいいやと思って投げやりにネタ作りました。


      シンセのブーとドラムのドンドンタタッ、ってフレーズと、
      ベースはウワモノとしてタララッてアルペジオのフレーズだけ決め て、
      ギターは全然決めてなくて、その前に買った
      エレハモのRingThingってリングモジュレーターでごまか そうってことだけ決めて
      スタジオでやってみました。


      やっぱり何かイマイチに感じてボツろうとしてたら
      意外とみんなの反応はよかったので、
      とりあえずポンタと俺で適当に歌うなどしてたら、
      ア〜アアアア〜という変なコーラスが口をついて出て、
      曲が「こういう曲だよ〜!」って言ってる気がしたので
      ワンループだけ固めて持ち帰ってアレンジしました。


      たぶん肝になるのは、ブーってシンセがメインの単調なAパートから
      未だ見ぬBパートに入った瞬間に何かを起こさんといけんってところから考えました。

      まず、何かを起こすということで分かりやすく、
      Aパートの低音はシンセ・ウワモノとしてのベースとなっている役割を
      Bパートでは逆にして、低音はベース・ ウワモノとしてのシンセにすることを決めました。


      とはいえ良い感じの単調さも失いたくなかったので、
      単調かつヤバい雰囲気のあるBパートって感覚だけだと全然できなかったので、
      もう一つポイントとして掴みどころのない感じを入れようと思った。


      具体的には、アクセントの位置をわかりにくくして
      変な気分にさせたいなってことで考えました。



      Bパートは、ベースラインが一拍ごとに

      F→G→A→B

      C#→E→G→A

      B→C#→F#→G#

      A#→C→D→E

      となってるけど、フレーズ的には


      F→G→A→B→C#→

      E→G→A→B→C#→

      F#→G#→A#→C→D→

      E


      って低い音から高い音へ向かう5音ずつの区切りなんですね


      だから何だって話だけど、
      Aパートからの流れで4拍の頭(F,C#,B,A)と、
      人の感覚としては5音フレーズの始まりの低い音(F,E,F#)が頭拍に聴こえて
      どっちが頭拍かわからなくなるような感じになったと思うんですが
      どうなんですかね?
      5+5+6で聴こえるけど、4+4+4+4の気持ちで演奏しています。


      作った時は屁理屈みたいな感じで考えて、
      いけそうだったのでシンセもハモったりしたら

      最終的にテンションが上がるフレーズになったので良かったです。

      ※ただ、シンセが思いのほかしんどい感じになったので、
      永遠の鍵盤初心者ポンタの涙の修行により何とか演奏できるようになりました。











      ダメだ画像横になる。


      あともう一つの肝はメロディで、
      最初の「ユアマイサンシャイン」、恵加が歌ってる2番、
      最後に「パラダイスどこー」って恵加と僕で輪唱するのが

      謎のキャッチーさがあると思います。

      特に「パラダイスどこー」ってメロは
      ウチの子がよく歌っていて、
      最初に歌いはじめた時は、
      「子どもがウチの歌を歌ってる!!」
      と感動して涙がでました。

      以来、子どもも歌えるメロディーを心掛けようと思っています。
      (実際キラーサーカスとかも歌ってる)



      「パラダイスどこー」ってフレーズは、誰が作ったのか忘れたけど、
      割とウチのバンドの本質的な問いに直結していて、
      今回のイベントタイトルでもある「パラダイスアニマル」にも繋がっています。
      とても気に入っています。



      タイトルはケチャ+エヴァンゲリオンで、
      何気なく恵加がつぶやいてケチャンゲリオンになりました。
      歌作ってる時に色々試してやってみようとして、
      なぜかケチャやんね?となり、
      スタジオでみんなでケチャを聞いてケチャの練習したりしました。
      雪の日でした。

      最終的にはケチャ要素はなくなったけど、、、



      エヴァ要素は「 パラダイスどこ」という歌詞から
      何故かエヴァンゲリオンの補完計画 的な感じのことを連想してた。
      最初のポンタは「ユアマイサンシャイン」と言っているのですが、
      ポンタの中でのエヴァ的な言葉として考えたらしいです。
      わかるようなわからないような気持ちです。

      最初にやったのは2013年2月の熊本NAVAROだったと思います。
      最近のライブでは割と最後にやるケースが多いかな。

      今のモーニングスを象徴する推し曲の一つなのでぜひ聴いてみてください!!



      最初も言いましたが、今週金曜です。

      予約はthemngs@gmail.comまで


      -----------------------------------------------------------------------------------

      2014/2/21(fri)
      Tsutaya O-nest shibuya
      the mornings 10th anniversary party "PARADISE ANIMAL 2"

      Open 18:30 start 19:00

      Adv 2500yen door 3000yen

      Act:
      Alfred Beach Sandal (band set)
      core of bells
      SEBASTIAN X
      the mornings

      チケット予約、お問い合わせはthemngs@gmail.comまで。
      -----------------------------------------------------------------------------------


      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

      the mornings

      vo,syn/ワタナベシンペイ @the_ponx

      gt,vo/キシノジュンヤ @usamigeboku

      dr,vo/けものけいか @kemonokeika

      (HP) http://themornings.biz/

      (twitter) @the_mornings

      (facebook) https://www.facebook.com/themngs

      (e-mail) themngs@gmail.com


      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

      ライブハウスの出口で思う その2

      2014.02.15 Saturday

      0
        ポンタです。
         
        ブログマラソンの甲斐あってか、
        おかげさまで、予約増えてます。
        ありがとうございます。
         
        メンバーには「連載スタイルは姑息だ」と評されますけれども(・谷・)
        めげずに書いて行きたいと思います。



         
        ◆2/3@新代田FEVER
        「来来来世紀で会おうよ 9 ボーイズ・ドント・クライ」
        来来来チーム / ヤング / おとぎ話

        僕らがお世話になってるレーベル「ハリエンタル」の社長、ハリエが所属する
        来来来チームというバンドの企画。

        2番目のおとぎ話から観れたのだけれど、すごいカッコいいライブをしていた。音がラウド!
        たぶん最近のアルバムの曲だと思うのだけれど「もうめんどくさい事抜き!」って作ったけど
        バンドの根底にあるひねくれ根性みたいのが顔を出しちゃう、けど素敵なメロディがある曲をバンバンやってた。
        すごく勢いがあって、印象に残るポイントが散りばめられている曲たちだった。
        この日の企画名と同じタイトルである、初期の名曲「BOYS DON'T CRY」も演っていて
        大学4年生くらいのとき、めちゃくちゃ聴いてた曲だったのでグッと来てしまった。
        おとぎ話は、ホントに男子って感じだ。いいよな。

        来来来チームも安定のライブ。
        おとぎ話の男子感とは逆だけれど、来来来ボーカルの泰平くんは最近
        歌っている時の目線の送り方とか、脚の置き方とかに
        OL感みたいのが出て来て、良いなって思う。

        この日はよく見かけるお客さんが多めだったけど、
        おとぎ話のお客さんと思しき方からも反応があって良かった。
        フリフリ系のスカートを履いた、24歳くらいの女の子が彼氏っぽい男性と来ていたりした。


        ヤングのボーカル、高梨くんとちょっと話す。
        彼らはリズム隊が一回抜けて、また戻って来て今活動してるんだって。
        そういう事もあるんだよな、と思った。



        ◆2/4@新宿LOFT
        LOFT飲み会
        ジャポニカソングサンバンチ / ぐっとクルー / 音沙汰 / DJ:イエイエクルー / 司会:ひらっち

        22時前くらいに着。
        SEBASTIAN Xのまなっちゃん&ありりがやっているユニット、音沙汰のライブも観たかったけど間に合わなかった。

        このイベントは、新宿LOFTのバースペースで、平日に入場料無料でやってて
        みんな酔っぱらっていて楽しそうだった。
        何回かお邪魔した事があるけど、終電近くまでみんなお酒飲んで、すごい盛り上がっていて
        なかなかこういう風景も最近はみかけないなと思う。

        平日の遅くにスタートして(この日は20時スタート)、終わりも遅めというイベントだと
        働いている人も内容を堪能出来るし
        ライブに遊びにくるきっかけづくりとしても有用なのかな、と感じる。


        で、非常に盛り上がっていたが故に、
        フライヤー貰ってくれた人たちも、出来上がってる率が高かった。
        あんまりちゃんと見られてないかもなあ。。。 笑


        まなっちゃんは耳にかわいいピアスかイヤリングかが増えていて、
        ありりは渋めのツイードジャケットを着ていたのが、とても印象に残った。



        ◆2/6@渋谷WWW

        前野健太とソープランダーズ(ジム・オルーク、石橋英子、須藤俊明、山本達久) / OGRE YOU ASSHOLE

        好カード。
        しかしながらオウガには間に合わず。

        オウガのグッズを物色。
        ボーカルの方の手書きの絵があしらわれたTシャツとバッグ、良い感じだった。
        あとアナログ盤。

        マエケンさんのライブをじっくりと観る。
        ギターのジム・オルーク氏
        (とても有名なアメリカ人前衛音楽家)がしゃしゃっていて面白かった。

        <ギターガンガン弾いて、おまけにオペラみたいな声で熱唱していたっす>

        ジム氏がギターでベースの音を出して、ベースが高い音を出すとか

        昔からある曲も、ぜんぜん違うアレンジ、というかちょっと変なアレンジでやっていた。
        これもジム氏がいろいろ影響を与えているのかなと思った。
        凄く好きな「LOVE」という曲の歌い回しが大きく変わっていたのだけれど、元のバージョンもライブで聴きたいなと思った。

        この日はお客さんたくさんで、フライヤーを渡すともらってくれたけど
        あんまり反応は無かったかも。




        2/8@渋谷O-NEST
        Joan Of Arc / Dustin Wong

        Joan Of Arcというバンドの来日公演。
        アメリカはシカゴの、すてきな前衛音楽を奏でるバンドでございます。
        何回か来日していて、編成とかもよく変わってるんだけれど
        今回のセットはとてもいい!との前評判を聞いていたので楽しみにして行った。
        当日は大雪。

        着いてまたグッズをチェック。
        大判なチラシくらいのサイズのポスターが売られていた。
        シルクスクリーンという技法で刷られていて、とても味がある感じ。
        主催の7e.pの斉藤さんと「イベントの時とかこういうの作りたいですね」と話をすると
        アメリカではレーベルやバンドでシルクスクリーンの機械を所有してるケースが多く、
        結構安く作れたりするらしい。そもそも機械が安いのかな?
        以前SXSWでも感じたのだけれど、アメリカのバンドは本当にグッズもこだわって作っていて、

        なんというか、数があるだけではなくて、色んなものがあるというか・・・
        ステッカー1枚にしても面白い形にカットしてあったりとか。
        物販コーナーを見ているだけでも飽きなかった。

        それもライブ行くこと自体の楽しさを増す要因になるよなー、と改めて思った。

        <アメリカでもらったステッカー。勿体なくて貼れてない>

        イベント始めからガッツリと観る。

        Dustin Wongはひとりでギターの音を何重にもかさねながら曲を演奏する人。
        演奏の技巧の妙もあるけれど、曲自体、聴いてるとトリップしていくようで気持ちよかった。
        基本的にビートは無い曲なんだけど、なんか後ろからリズムが聴こえてくるような感じがするというか。


        そして本日の大本命、Joan Of Arc。
        なんかもう、流石って感じの演奏。目が覚めるような音でした。



        このバンドはひとりひとりがいちミュージシャンとして活動していて
        キャラ立ちがすごい。
        でも、それがゆえにアルバムによっては内容が難解すぎて
        よくわかんないのもあるんだけど。。笑

        今回のセットでは、比較的ひとつのフレーズやモチーフを核にして、
        繰り返しながら展開させてくような曲が多くて
        先に見た
        Dustin Wongと重なって、良い感じに頭が解けてくような感覚がした。
        eventually all at onceという曲がとても好きで、これも結構そんな感じ。この日もやってた)
        ギターの音はすごいクリアで、首の裏あたりをコツンとたたかれるような感覚がするのだけれど
        逆にシンセの音はすごいフンワリとしていて、音の棲み分け方にもハマってしまった。
        ダンスミュージックを聴いているような感覚になる瞬間があって
        でも音は生の楽器で。。。という不思議な感覚を得たイベントだった。

        フライヤーを配って、雪で足止めを喰らう前に早々に帰る。
        帰り道では、ookubo factory(3/19に対バンします)などをやってるエイタくんと、
        chinema staffの辻くんと軽く雪合戦。
        中野で足止め喰らって、歩いたのちラーメンを食べる。



        今回はこのくらいで。
        開催まで1週間切りました!予約お待ちしております。

        --------------------------------------------------------------

        2014/2/21(fri)
        Tsutaya O-nest shibuya
        the mornings 10th anniversary party "PARADISE ANIMAL 2"
         
        Open 18:30 start 19:00
        Adv 2500yen door 3000yen
         
        Act:
        Alfred Beach Sandal (band set)
        core of bells
        SEBASTIAN X
        the mornings
        チケット予約、お問い合わせはthemngs@gmail.comまで。

        --------------------------------------------------------------
         
         
        _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

        the mornings
         
        vo,syn/ワタナベシンペイ @the_ponx
        gt,vo/キシノジュンヤ @usamigeboku
        dr,vo/けものけいか @kemonokeika
         
        (HP) http://themornings.biz/
        (twitter) @the_mornings
        (facebook) https://www.facebook.com/themngs
        (e-mail) themngs@gmail.com

        _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

        民と勇気だけが友達さ

        2014.02.14 Friday

        0
          けいかです。
          ハッピーホワイトバレンタイン!


          ブログ毎日更新を謳っておりますが……
          私といいジュンヤといいエモい内容が続きまして、
          そんな中ポンタは連載という姑息な手を繰り出しておりますが、
          あー、ネタがない。本当にネタがない。


          ということで、バンドとはまったく関係ないことを書こうと思います。


          現在うちには2歳7ヶ月の男児がいるのですが、
          まあ、例に漏れず、アンパンマンが大好きなわけです。
          アンパンマンの乳幼児人気は本当に圧倒的で、
          おもちゃを出せば泣いててもまずピタッと凝視するし、
          アンパンマンのキャラの名前を覚えるスピードはほかの何より異常に早い……
          「助けて!アンパンマーーン!(育児を)」って叫んでるのは全国のお母さんのほうだよな、
          と思ったことがあります。
          最近はおさるのジョージとかロボカーポリーとかトイストーリーとカーズもヘビロテしてますが
          (こうしてみると洋モノばっかり!)
          まあアンパンマンは盤石な地位を赤子時代から今に至るまでも保っているのですね。




          毎週金曜16時からやってるアニメを一緒に見ていると、
          さすがやなせ先生…と感嘆せずにはいられない
          奥深さや狂気が宿っていて、本当に大人でも面白いです。

          この公式サイトのQ&Aには、そのエッセンスが滲み出ています。
          http://anpanman.jp/sekai/qanda/index.html
          眺めているだけで小一時間つぶせる最高のページです。


          アンパンマンって、私なんぞが書かなくてもネット上でおもしろまとめやMADみたいなものが
          山ほど作られてると思いますが、
          あんまりそういうの見てない人にも伝わるようにまっさらに、
          名作Q&Aを挟みながら、順にマイフェイバリットなファクターをご紹介していこうかと。


          (ほんとはテレビのキャプチャ貼って1話実況みたいなことがしたかったけど、
          法に訴えられるのイヤだから我慢するね!)




          まず、私が一番気になって気になって仕方がないチーズ。
          チーズのすごいところは犬なのに二足歩行がデフォだったり、お箸とか完璧に使えたり、戦車(アンパンマン号)の操縦士として活躍したり、とにかくいろいろあるんですが。




          こいつの正式名称、「めいけんチーズ」って言います。




          Q,チーズは犬ですが、なんという種類ですか?

          A.ごめんなさい、種類はわからないんです。
          でも、チーズは立派な名犬です。



          このオフィシャルの根拠のないキリッドヤッ感、たまらないです。
          名犬……その根拠やいかに。




          チーズは戦車の操縦をするとさっき書きましたが、
          ジャムおじさん、バタコさんらは、軍事機器の開発にとても長けています。
          アンパンマン号は中にかまど(アンパンマンの顔、という攻撃の要となるアイテムを製造する大事なものです)を備えており、ときには火炎放射(かまどの火利用)でばいきんまん陣営を焼き尽くしたり、水陸両用だし、とにかくすごい。








          そんな(この一切の感情を排した顔がまた怖い)アンパンマン号ですが、


          Q.アンパンマン号は誰が作ったの?

          A.ジャムおじさんがパン工場のみんなにクリスマスプレゼントとしてつくりました。



          山奥のパン工場(※)でパンこねてるだけのおじいさんが、
          なぜこんな最新鋭の戦車を作れるのかまったくわけがわからなくて震えます。
          プレゼントしたのに、結局ジャムおじさんの指揮がないとほぼ走らせることないし。

          ※みんなに無償で配ってるからパン屋ではない。
          アンパンマンの世界は貨幣制度が存在しない社会主義国家みたいで、
          個人的にはそこもとても気になってる。
          クーデターとか起こらないんだろうか



          っていうかジャムおじさんとバタコさんの関係ってなんなんだろう…と辿ると、






          Q.ジャムおじさんとバタコさんの関係は?

          A.無関係なんです。
          とは言っても、一緒に暮らしていますので、非常に家族に近い関係でしょうか。親子や肉親ではありません。




          工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工



          そして、




          Q.ジャムおじさんとバタコさん以外に人間はいますか?


          A.アンパンマンワールドに人間はいません。
          ジャムおじさんとバタコさんも人間の姿をしていますが、妖精なんです。



          もういよいよわからなくなってきた。



          ちなみに宇宙からやってきたアンパンマンですが、


          Q.アンパンマンの身体は、何でできているのですか?

          A.アンパンマンは生まれた時から服を着ていました。誰も身体を見たことがないので、何でできているのかはわからないのです。何でできていると思いますか?




          わ、わからないです……(ぐう)
          このサイト、見ていくとこうやって逆質問で返されること多いから困っちゃうよ。
          圧迫面接みたいだよ。



          うちの息子は「ばいきんまんが一番好き。カッコいいよねー」だそうですが、
          カッコいいかはわからないけど、私も彼が一番人間くさくていいと思う。
          (ばいきん星からやってきたから人間じゃないんだけど)


          Q.ばいきんまんはいつも負けるのに、どうしてアンパンマンと戦うの?

          A.ばいきんまんは、アンパンマンをやっつけることが生きがいなので、何度やられても、またアンパンマンと戦おうとします。それに、とっても立ち直りが早いので、やられても平気なのです。


          やられてもやられてもひたすらアンパンマンを倒そうとして…
          あんだけへこたれない精神力、現代っ子向けに「それでも僕は戦う」とかいうタイトルで1冊本が書けそう。

          なんか戦闘になるのってアンパンマンを倒したいのが必ずしも始まりじゃなくて
          ただ「みんなが食べてるおやつが欲しかったから新しい軍事ロボットで民間人から略奪する」
          とかそんなきっかけだったりするんですよね。
          バイキンマンは民間人を傷つけるとかは考えてないし、それが目標では決してない。
          殺戮してるのとか見たことない。
          けどアンパンマン陣営に見つかって欠かさずボコられるという
          (しかもバイキンマン大体ひとりか+ドキンちゃんだけなのに、アンパンマン軍だいたい兵士が複数)。
          おやつぐらいあげたらいいじゃん。それで平和保たれるんじゃん。
          って思うこともしばしばある。





          導入部にしか触れられてないしもっといろいろ書きたかったんだけど
          キリがないしまあそれなりに毎日忙しくしてるんでこのへんでやめておきます。

          こんなアバンギャルドな世界観を内包した作品が国民的アニメになっているのすごいと思う。
          アニメやマンガの世界ではそうしたものが爆発的な人気を得たりするのに、
          どうしてポピュラーミュージックの世界ではそういうことがなかなか起こらないのでしょうね。
          って、こないだ久々に渋谷の街を歩いて情報の洪水にまみれて思いましたね。


          そういえばアニメのアンパンマンは、毎週エンディングテーマが違ってて、4曲くらいをローテーションしてる。そういうところも好きです。
          飽きさせない工夫!化物語みたい!
          私が一番好きなのは「さんさん体操」。
          振り付けというほどでもない緩いダンスがよいです。



          (ちなみにこの記事のタイトルは息子のいいまつがいです)


          そして何よりも企画にきてね!早いものであと1週間!!!!!!!

           
          --------------------------------------------------------------

          2014/2/21(fri)
          Tsutaya O-nest shibuya
          the mornings 10th anniversary party "PARADISE ANIMAL 2"
           
          Open 18:30 start 19:00
          Adv 2500yen door 3000yen
           
          Act:
          Alfred Beach Sandal (band set)
          core of bells
          SEBASTIAN X
          the mornings
          チケット予約、お問い合わせはthemngs@gmail.comまで。

          --------------------------------------------------------------
           
           
          _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

          the mornings
           
          vo,syn/ワタナベシンペイ @the_ponx
          gt,vo/キシノジュンヤ @usamigeboku
          dr,vo/けものけいか @kemonokeika
           
          (twitter) @the_mornings

          _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/