スポンサーサイト

2014.11.18 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    バンド大変だよね〜

    2014.02.13 Thursday

    0
      ジュンヤです。


      イベントが来週に迫っています。

      2/21金曜日は渋谷O-nestでお待ちしてます。
      19時スタートです。
       

      今までにないほど間違いない自信のある仕上がりになってます。
      結構ヤバい感じになってきてます。
      ぜひ!


      イベントまでブログ毎日更新をやってます。

       

       
      恵加がガッツリ書いたあとで蒸し返すのもアレだなと思うし、
      とっくに気持ちの整理はついてるし前向きだけど。
      僕の中でも大きなことなのでラリーさんのことに少し触れたい。
       
      ラリーさんの脱退については恵加がブログで触れた通り、
      10年間一緒にやって、まあでかい存在だったので単純に寂しい。
       
      僕はメンバーの中で一番ラリーさんに口うるさかった。
      ラリーさんは色々フレーズ弾けなかったり、展開間違えたりしてて、
      自分が曲作ってるからとかって理由もあるけど、
      一番ラリーさんに怒ってたのは自分で、
      それでケンカしたりとか殴り合いになったりとか、
      和解したりとか、そういう関係が数年続いてました。
       
      でも心の中ではラリーさんの、自分にはない妙なセンスが必要で、
      ラリーさんも僕のことをすごいと言ってくれて、
      だからそれでよかった。
       
      僕が新曲のデモを持っていったら、
      一番本音で反応してくれるのがラリーさんで、
      デモをスタジオで流してラリーさんが爆笑したら、だいたい良い曲になった。
       
      ラリーさんはクソな面は数えきれないほどたくさんあるが、
      もちろん一緒にいておもしろかったし、
      何より、お互いに対して音楽的に存在意義を見出だすことができてて、
      だから続けられてたのかなと思う。
       
      でも、いろんな理由があるけど結果は脱退になった。
      ラリーさんの突拍子もないセンスを制御できるのは
      自分しかいないかもと思ってたけど、
      最終的にはラリーさんはそうではなかったみたいで、
      自分でやりたいことをやるって方向を選んだ。

      今まで自分やバンドの存在が、自由なラリーさんを押さえつけてた部分があったんだな、
      と改めて認識した。

      ラリーさんめちゃスッキリした顔して脱退ライブやってたし、
      それでこっちもスッキリしたところもあったけど。
       

      未来を見据えモーニングスの元を去るラリー


       
      とはいえ、彼にとって抑制することを強いられるキツい環境でも
      僕の作る音楽の質が関係を繋ぎとめられると思ってたので、
      それが叶わんかった僕にとっては、
      今までで一番大きい挫折みたいなところもあった。
      (あと脱退に伴って恵加も参ってしまって、さらなる自信喪失もあった。)

      でも今、サポートしてもらってるベースの奴と一緒に
      ウチで正座して生音でアレンジやり直して、
      より良い曲になってきてたり、グルーブの強度も増して、
      自分としても納得いっとるし、メンバーも今結構楽しそうに見える。
       

      ラリーとは今もスタジオとか色んなところで会うけど明るい顔しとるし、
      もちろんお互い色んな感情はあるんじゃろうけど
      お互いこの選択で良かったと思えるし、
      やっぱり自分達のやってる音楽は間違いないなと思ったので
      来週のライブでは今のモーニングスを見てほしいなと思いました。
       
       
      もともとバンド組む時って高校とか大学とかの
      有象無象なクソガキどもが一人じゃできんから
      みんなでやろうって結成されるもので(そうじゃない人もいると思うけどだいたい)、
      そもそも天才が集まってた、みたいな結成の仕方とか滅多にない。

      けど何かバンドやると、
      個人の枠を超えたワケのわからんものができるし、
      その中でその人しかできんことを見つけたり、
      継続することで居場所になっていくわけで、
      才能がないことを認めることで個性が開花して、
      何かわからんけどその人しかできん演奏とか音楽になっていくのだなと思った。


      そういう個性の形成に一番影響するのはメンバーで、
      ワケもわからず弾いたフレーズを、おもしろいと言ってくれたりするとか、
      メンバーがワケわからんまま弾いたフレーズに合わせてみるとか。
      そういう積み重ねが個性になったり、バンドの色になる。

      今はモーニングスの曲は僕が作っとるけど、
      ポンタのための曲であり、
      恵加のための曲であり、
      ラリーのために作ってた曲だったと思った。

      ラリーがおらんかったら今ある曲はできんかったし、
      自分はこうならんかっただろうなと改めて思った。



      感謝しつつ、ラリーさんを置き去りにしてもっと先に進めたらいいなと思いました。


      ご予約お待ちしてます。ジュンヤ
       
       
      --------------------------------------------------------------------------------
      2014/2/21(fri)
      Tsutaya O-nest shibuya
      the mornings 10th anniversary party "PARADISE ANIMAL 2"
       
      Open 18:30 start 19:00
      Adv 2500yen door 3000yen
       
      Act:
      Alfred Beach Sandal (band set)
      core of bells
      SEBASTIAN X
      the mornings
      チケット予約、お問い合わせはthemngs@gmail.comまで。
      --------------------------------------------------------------------------------
       
       
      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

      the mornings
       
      vo,syn/ワタナベシンペイ @the_ponx
      gt,vo/キシノジュンヤ @usamigeboku
      dr,vo/けものけいか @kemonokeika
       
      (twitter) @the_mornings

      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

      ライブハウスの出口で思う その1

      2014.02.12 Wednesday

      0
        ポンタです。



        おかげさまで2月21日のチケット、いい感じで日に日に予約が増えております。

        ありがとうございます!

        読んでくださってる方で迷ってる方は是非!来てください。

        今回も自信あります。



        ちなみにこのフライヤー、もらって頂けましたか?







        色んなとこで配ったり、置いたりしてます。

        デザイナーの大野彩芽さんの意向で、表にツルっとしたコーティングしてます。

        そのおかげで色がとても綺麗に出ているというマジック。

        手に取ってもらえれば分かると思うのですが、すごくいい出来なんですよ。



        いまは寒い時期だし、仕事の後は急いでライブハウスに行かなきゃだし

        正直フライヤー配るの、大変な時もあるんですが

        受け取ってくれた人が反応してくれるのも嬉しいですし。

        ライブ観たり、人と話したりもできるおかげで、改めて企画に向けて前が向ける感じもして。

        宣伝って意味ではフライヤーはそんなに効果が強くないのかもしれないけど、

        これはやっぱり大事な事だな、と思いながらやってます。



        で、日々日々ライブハウスに行って、色んな事があったり思ったりもしましたので

        せっかくなので印象に残った事を、日記的に綴ってみようかと思います。







        ◆2013.1/23@六本木SUPER DELUXE



        core of bells企画

        怪物さんと退屈くんの12ヵ月

        第一回公演「お気づきだっただろうか?」



        この日は今回の企画に出てくれるcore of bellsの企画に。

        12ヶ月(!)連続企画の封切り。

        core of bellsのライブ、いや公演は、ライブ演奏だけやる事ももちろんあるのだけれど

        芝居をやったり、いろいろな表現を織り込んで行われる事がとても多く。



        で、やっぱり今回も一筋縄では行かない、アイデア満載な内容。笑いすぎた。


        詳しい内容はここでは割愛しますが、演奏の割合は低め。

        印象的だったのは、こういう企画に100人くらいお客さんが集まっていたということ。

        どんな刺激を求めて、どんな背景があって遊びに来ている人たちなんだろう。

        コアオブの曲が好きだから?それとも芝居の内容が好きだから?はたまた演出に興味があって?

        自分が知らない色んな要素が絡まって、魅力的な場を作ってるということがとても興味深かったです。

        終わった後はメンバーの皆さんと軽く話して帰宅。

        ベースのアイダ君と第2回の構想について色々聞いてこれまた大爆笑。





        この企画の第2回目

        2/19に同じくSUPER DELUXEで開催されます。

        僕らの企画と併せて観に行ったら楽しいと思いますよ!





        ◆1/25@池袋MUSIC ORG

        3月33日 / ランタンパレード / i need me. / peno



        以前モーニングスのサポートをしてくれていたタコちゃんのやっている「peno」を筆頭に、

        観たいメンツばかりだったのだけれど、用事終わらず終演直前に到着するという体たらく。

        すみませんでした・・・



        フライヤーは皆さん快く受け取ってくれて、興味を示してくれた方も多くて。感謝。

        オルグにはそういう熱心なお客さんが、いつもたくさん集まっている。


        「このお店だから」という信頼感はなかなか養えるもんじゃないですよね。



        タコちゃんやpenoでサックスを吹いているあっくんなんかと談笑して帰宅。

        penoはライブ盤が好調に売れてるそうで、バンドのパワーが増してんだなと思いました。





        ◆1/29@代官山UNIT

        “シャムキャッツ ワンマンツアー 2014「GO」with 玉田伸太郎(VJ)”



        本当は仕事から直行したかったのだけれど、

        飼っているキャットの元気がなかったため、病院に連れて行ってからUNITへ。



        シャムキャッツ、

        この日は彼らの新しいアルバムに先駆けたシングル初売日ということもあり新曲たくさんのセット。

        VJもメチャクチャ良くて、目が離せないショウでした。



        懐かし話みたいですが、彼らの名曲「」が演奏された時。

        この曲は3年前の震災直前にリリースされたのだけれど、

        波をモチーフにしたPVは、震災のあとに流すのを自粛していた時期があって。

        その波のシーンがイントロと共に、ステージ一杯に映し出されて

        この曲は最初悲しい目に遭ったけど、今日はいちばん輝いてるなと思い、この日一番グッと来た。



        終わった後はSEBASTIAN Xのマネージャー、粟生田さんと一緒にフライヤーを配りながら

        フライヤーだけじゃなく、手の込んだ素敵なイベントポスターを色んなところに貼るとかも良いですね、とか

        どこの印刷屋がいい、、、とか。色々な話をする。

        せっかく現場でアピール出来るのなら、宣伝物だってイイもの作るべきだよな、と強く思いました。



        ちょこっとビールを飲んで帰宅。

        この日シャムの音響をしていたナンシーとも乾杯。
        2/21の僕らのライブも担当してもらいます。

        いい仕事してらっしゃった。
        お疲れです!





        ◆2/1@下北沢SHELTER



        ARARE/MC JAPAN/SEVENTEEN AGAiN/STARVINGMAN/TROPICAL GORILLA/A PAGE OF PUNK



        僕らのTシャツのデザインをしてくれた千秋くんがボーカルをしている、

        A PAGE OF PUNKのレコ発イベントへ。

        久しぶりにパンクバンドのライブをたくさん観れて気持ちよかった。

        千秋くんは最初フロアをエクソシストみたいにブリッジしながら行進したあと

        人を殺しそうな勢いで歌ってました。良いね。



        フライヤーを配ってると、ダイブとかしてたキッズっぽいお客さんからも

        「あ、ビーサン出るんだ」とか、手応えある反応。
        そういう方にも僕らを知ってもらえたら嬉しいなと思う。



        帰りはモーニングスの楽器の修理をよくしてくれているアユくんに車で送ってもらい、いろいろ話をしながら帰宅。

        シンセサイザーをかっこよく改造してもらう約束をする。楽しみでございます。





        今日はこのくらいで。
        予約お待ちしております!



        --------------------------------------------------------------------------------

        2014/2/21(fri)
        Tsutaya O-nest shibuya

        the mornings 10th anniversary party "PARADISE ANIMAL 2"

        Open 18:30 start 19:00
        Adv 2500yen door 3000yen

        Act:
        Alfred Beach Sandal (band set)
        core of bells
        SEBASTIAN X
        the mornings

        チケット予約、お問い合わせはthemngs@gmail.comまで。

        --------------------------------------------------------------------------------


        _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

        the mornings

        vo,syn/ワタナベシンペイ @the_ponx
        gt,vo/キシノジュンヤ @usamigeboku
        dr,vo/けものけいか @kemonokeika

        (HP) http://themornings.biz/
        (twitter) @the_mornings
        (facebook) https://www.facebook.com/themngs
        (e-mail) themngs@gmail.com

        _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

        この1カ月

        2014.02.11 Tuesday

        0
          前の記事から1カ月も空いてしまいました。けいかです。


          ベースのラリーさんが1月13日で卒業していきました。





          脱退ライブをしたのは約1カ月前なのですが、
          そうとは思えないくらい、この1カ月の間に色んな感情が生まれすぎていて、
          なんだか1年分くらいの濃さがありました。

          実に11年弱も一緒にいたので、もはや本当に家族みたいなもので、
          そして私と彼はリズム隊という、野球でいえばバッテリーのような関係性だったので
          全員で決めた結果とはいえ、自分の中にできた穴は思った以上に大きくて。
          思い出がフラッシュバックしたり
          バンドの先が見えなさすぎて不安になったり
          泣いたり震えたりうなだれたりでもがんばってドラム叩いたりでもつらかったり
          4人のバランスが3人のバランスになったのにもなかなか慣れず、
          ミーティングしなきゃいけないのにバンドにまつわることを考えると鬱々としてきて、
          弱音吐いて事務仕事を2人にぶん投げて笑、
          大失恋したみたいな超面倒くさい使えない人になってました。
          ほかのメンバーは(辞めたラリーさん含め)ものすごい前向きだったので、
          私ひとりだけネチッこい女みたいで心外だったのですが。。笑


          脱退とか解散とか、自分たちには縁がないことだと、
          本当についこないだ、ラリーさんが辞める直前まで思っていました。
          このままでこの先も長いこと続いていくんだと思ってた。
          会社勤めしながらも、出産して育児しながらも、バンドを続けてきて、
          ごく自然に、とても多くの時間を費やしてきたけれど、
          ここにきて自分にとってバンドって何なんだろうとか、
          今さらなのかもしれないけど、すごく考えるようになりました。
          息子が2歳半になり、だいぶ物わかりもできてきたので、
          スタジオの間離れていると寂しそうにすることもあり、これでいいのかなとますます悩み…。


          11年、誰も入れ替わることなくやってきたけど、
          始まりがサークルの友達同士、だったので、
          その延長線上というわけではないけど、とにかく楽しかったから続けて来れたのだと思います。
          甘っちょろいと言われるかもしれないけど、自分にとってはそうだった。
          (いや、ほかのメンバーは私なんかより音楽が大好きなので、たぶんまた違うと思うんですが…)
          これから一緒にやる人とは、オトモダチではなく音楽でつながっていく関係に変わっていく。
          信頼があるから音楽をやる関係から、音楽で信頼を築いていく関係に。
          今回の変化によって、音楽を全うする覚悟が求められているようで、
          仕事とか子供とか、ほかの大事なものを疎かにせずにやっていけるのか、楽しめるのか。
          というところが、考えれば考えるだけ、わからなくなってました。


          この1カ月でいろんな人と話して、
          サポートベースを弾いてくれる人々と一緒にスタジオに入ったりして、
          新たな引き出しがあいた感覚はありました。
          楽しいばかりじゃなくてもちろん大変だけど、やっぱり新鮮。
          この一年は、難しくなり続ける新曲群によってドラムへの自信もなくなりつつあったけど笑、
          まだまだいけるのかもしれないな?
          新しい音楽への関わり方も楽しめるかもしれないな?
          という予感がしてきて、
          いまはようやく少しずつ、平常運行に戻ってきた気がします。
          バンドをどうやってったらいいか、答えなぞまったく見えてないけど笑、
          アルバムは絶対作りたいので、とりあえずは走りながら、考えたいなと思っています。


          2月21日には10周年企画の第2弾があります。
          ひとり五里霧中のアラサーおばさん属するこのバンドのアメーバのような現在形を、
          見に来てくれたらとてもうれしいです。

          おとといも頼もしいサポートベーシストとスタジオにがっつり入りましたが、
          だいぶ仕上がってきていて、ちょっとこれ、すごいんでないの!とやってて震える瞬間がある。
          アレンジを変えたりしてる部分もあったりするよ。


          企画まで早いもので、あと11日!
          なので、また企画まで怒濤のブログ毎日更新をがんばりたいと思っています!
          ネタないけど!


          --------------------------------------------------------------------------------



          2014/2/21(fri)

          Tsutaya O-nest shibuya



          the mornings 10th anniversary party ?PARADISE ANIMAL 2″



          Open 18:30 start 19:00

          Adv 2500yen door 3000yen



          Act:


          Alfred Beach Sandal (band set)

          core of bells

          SEBASTIAN X

          the mornings

          チケット予約、お問い合わせはthemngs@gmail.comまで。


          --------------------------------------------------------------------------------


          あっ、ラリーさんも本当に元気です。
          なんだかんだ毎週のように会ってるし、日曜はスタジオで遭遇しました。笑
          Han Han Artのレコーディングをしていたようです。
          数々のレジェンドを残してきた彼なので、
          きっとこれからもMCコンロとして爆発したり、何かしら凄まじいことをしてくれることでしょう。
















          こんなフォトジェニックな写真載せたらまた「オーーーーイッ!!」って怒るんだろうな。

          5年後でも10年後でも、またいつか4人でバンドをやるのが私のささやかな夢です。





          _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

          the mornings
          vo,syn/ワタナベシンペイ @the_ponx
          gt,vo/キシノジュンヤ @usamigeboku
          dr,vo/けものけいか @kemonokeika
          (HP) http://themornings.biz/
          (twitter) @the_mornings
          (facebook) https://www.facebook.com/themngs
          (e-mail) themngs@gmail.com

          _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/